>>English >>プライバシーポリシー >>環境方針 >>サイトマップ >>お問い合せ
CT関連機器   MR関連機器   X線関連機器   その他関連機器
←PREVIOUS PRODUCTS
fb-1

PULSATING ANEURYSM SIMULATOR FB-1 は埼玉医科大学国際医療センター殿とフヨー株式会社との共同研究により開発されました。
プロトタイプは2009年11月に富山で開催された、第25回日本脳神経血管内治療学会において、埼玉医科大学国際医療センターの石原教授により発表されました。

主な特徴
脈動ポンプにより拍動する模擬動脈瘤ファントムを有し、模擬人体の鼠頸部よりカテーテルを挿入することにより、インターベンショナル治療の施術プロセスをシミュレートすることが出来ます。
本装置の大部分のパーツが透明な材質で出来ていますので、カテーテル等の動きを目視することが出来ます。
X線透視下でも、通常の室内の机上でも使用可能です。
通常の室内では、ビデオカメラとモニターを使用し、モニターに映る動脈瘤部分を観察しながら手技を行うことにより、あたかもX線透視下で操作している様な感覚のシミュレーションが可能です。
実物大の透明プラスティックボディは、よりリアルな臨場感を生み、手技の教育、啓蒙等幅広い場面で役立てることが可能です。
模擬動脈瘤ファントム部は単独での使用が可能で、Angio、CT、MRIでの実験が可能です。
ECGパルス出力が標準装備されていますので心電図同期が可能です。
脈動ポンプユニットは隠しパネル内に5種類の調整バルブを装備、これとコントローラーのタイマーを組み合わせて調整することにより、さまざまな変化波形の流量、圧力の脈流を作り出すことが出来ます。
(通常のシミュレーターとしての使用の場合はこれらの機能は使用しません。)
AUTOモード運転中に循環タンク内の水が下限位置まで低下すると、ブザーで警報しポンプが自動停止します。

 

fb1_2


主な仕様
●最高最低血圧をリアルタイムでデジタル表示。0〜300mHg
●血圧インジケーターで血圧の変化の様子をリアルタイム表示
●ポンプおよびリターンバルブの2つの調整つまみにより血圧を変更可能
●ポンプおよびリターンバルブの設定位置をデジタル表示
●心拍数を20BPM〜200BPMの間で自由に設定可能
●内部タンクおよび外部タンク(オプション)を使用可能
●循環モードと造影剤使用モードを押しボタンスイッチで切り替え可能
●ECGパルス出力を標準装備。0〜50mV 200msec


illust
動脈瘤ファントム 動脈瘤ファントム2
動脈瘤ファントム 動脈瘤ファントム(オプション)
模擬大動脈丘 動脈瘤とビデオモニター
模擬大動脈弓 動脈瘤とビデオモニター
カテーテル コントロールボックス
カテーテル挿入部 コントロールボックス
血圧表示部 操作パネル
上段:血圧表示部
下段:調整ツマミ表示部
操作パネル


デモ用動脈瘤ファントム ターミナルタイプ
デモ用動脈瘤ファントム ブランチタイプ動脈瘤
(オプション)
内蔵タンク アルミトランク
右:内蔵循環タンク
左:内蔵廃液タンク
アルミトランク

デモムービーをご覧ください
 於:埼玉医科大学 国際医療センター

fb1表

※製品の外観、仕様等は予告なく変更される場合があります。